[一覧に戻る]     [←前の作品に] [次の作品に→]     [作品を見る] [評価を見る] [掲示板を読む]
[この作者の作品一覧] [全体掲示板] [新規に画像を投稿する]

Machine Noodle



作者:もりぐる (ホームページ)
使用ソフト Metasequoia, Carrara, Photoshop
作品解説 機械化・工業化が浸透し、
食品ですら機械的に大量に生産されるようになった
現代という時代のどこか冷たさを感じる部分、
そしてそんな中でも懸命に生き抜いていこうとする者たち...
といった要素を、工場生産される食品として個人的にインパクトのある
カップラーメンをモチーフにシュールな雰囲気を目指して
制作したものです。

あと、最近HPをオープンしましたので、よければ遊びに来てくださいませ〜。
投稿日 2008年05月20日17時27分
順位 新作中 ---位  総合 75位
評価平均点 77.5 点  (4 人投票)
この作品の評価を教えてください
メールアドレス: (多重投票防止用)
ものすごくよくできている(100点) よくできてる(70点) ふつう(50点) いまいち(30点) ダメダメ(0点)
(作品のランキングは、閲覧したみなさんの評価の平均点で行われます)
同一メールアドレスから投票した場合、最後の投票が有効です。 また、作者本人による投票はできません。
評価点の詳細はを見るにはこちら(評価を見る)をクリックしてください。


最近5件のコメントを表示。それ以前のコメントを読むときはこちら(掲示板を読む)をクリックしてください。
題名
投稿者
メール
アドレス
ホーム
ページ
本文
削除時用パスワード
確認のため左記文字列を入力してください

どうもです  投稿者:もりぐる  投稿日:2008年05月22日  ホームページ
ポッキーさんコメントありがとうございます。
まあ、なんといいますか、色々考えたりはしますが
自分は自分が作りたいなぁと思ったものを作っているだけなので、
デフォルメとかリアリスティックとか、
そこまで難しいことを考えているわけでは
なかったりしますがw
今回のMachineNoodleのような
路線も好きですし、
ほのぼのした感じの路線も含めていろいろやってみたいと思います。

ただ、ゴッホが羨ましさを抱いた浮世絵と、
自分が作っているような路線のものとは
違う気はしますが...^^;

こんばんは!  投稿者:ポッキー  投稿日:2008年05月20日 
”ジ アーティストもりぐる”さんって訳ですね!
テーマは、集団に埋没する瞬間の安堵と、漠然とした危機感でしょうか。

、、、で、ここだけの話なんですけどね。ヒソヒソ。
アーティスト系の人はもりぐるさんがお得意のデフォルメ系キャラクターに憧れている人が多いそうですよ。
ゴッホとかその辺の人が、浮世絵のユーモアあふれるセンスを羨ましいと思った事もあったそうです。これは有名な話ですよね。
写実的な絵はめちゃめちゃ上手いんだけど、どうも人気につながらないので、見た人の心に残るユニークな作品を作ろうと四苦八苦している状態をアーティストとして評価されちゃう事もあるようです。
妙にしっかりした技術で奇妙な心象風景を描いたり、異常な作業量でごく些細なテーマに取り組んだりしている姿がアーティストっぽいそうです。
生真面目な人がいっしょうけんめいがんばってる姿って事でしょうか。
個人的にはもりぐるさんのようなメルヘン路線は、大人が子供のために作った作品に感じられます。
絵本作家の人が人格者として尊敬される感じですね。ごく自然に。
それは大きな武器だと思います。
かる〜い筋立てを持った連作CG(あるいはムービー)に期待したいです。
って言うかもりぐるさんのその路線が好きなので、リクエストしたいだけなんですけどね!ワハハ!

deleted  投稿者:deleted   投稿日:2008年05月20日 

パスワード:
パスワードを忘れてしまった場合はこちら